転職のリスクとデメリット

プログラマーやエンジニアの転職は技術を重視される事もあって、他の業種に比べて年齢がネックになる場合が比較的少ないと言われています。しかし未経験での転職となると、やはり難しい部分もあるため事前にリスクやデメリットについてきちんと把握しておく事が大切です。

まず未経験での転職活動は、やはり簡単に採用に至るとは限らないという事を認識する必要があります。特にプログラマーなどのソフトウェアエンジニアに関する採用は経験を重視する傾向があるため、応募資格の段階で条件を満たさないという場合もあります。したがって、まずは採用されやすい派遣や契約社員として勤務し実績と経験を積むなどのキャリアプランが考えられます。

また採用された後もITの業界では覚えなければならない知識が多い上に周囲のエンジニアは10年、20年と長年の経験を積んでいるため、同僚達に追いつくためには継続的な努力が必要になります。結果を出せるようになるためには、ある程度の時間がかかると考えられるため、転職してしばらくは以前よりも収入が下がってしまう可能性も覚悟しなければなりません。

一方で、遅い転職でも自身のこれまでの経験をプログラマーとしてのキャリアに活かす事も出来ます。自分が今まで在籍していた業界を得意先としているソフトウェア会社などに入社すれば、前職の知識と経験を活かして会社に貢献することが出来ますし、知識のある業界の社内SEなどを目指せば採用される可能性も高くなるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.